Date
Breast Cancer Ribbon

太陽光発電の全量買取の案内を見よう

posted by:
admin

太陽光発電は家庭のエネルギーをまかない、自分で発電して自分で使うといったイメージがありますが、近年では売電も注目されています。それは全量買取制度と呼ばれており、発電を行う人にとってできるだけ詳細に知っておきたいことです。なにしろ利益になることですから、売れる分があれば売っておいたほうがいいのです。また、導入する施工会社からその話が聞ければなおさら信憑性が高まります。

そういった施工会社というとこちらのHP(太陽光発電の全量買取の参考ホームページ)が有名だと思います。ここは「エコライフ」という会社で、全量買取やグリーン投資減税といった太陽光発電をさらにいかすために必要な情報をまとめています。

たとえば法律で定められているのが地域の電力会社が電力を買い取ってくれるというものです。ちなみにこれの対象となるには自然エネルギーを規定の条件に合った設備で発電を行う必要があります。また、規模の小さいシステムの場合、余った分の電力だけが対象ですが、規模の大きいシステムの場合、このかぎりではありません。そのため、自然エネルギーはビジネスとしても注目をあびています。

他にもいろいろな情報があるので、自然エネルギーシステムを導入する前に隅々までご覧になってみてはいかがでしょうか。

hr

仮想化からクライドまで【IT価値創造塾】がナビゲート

posted by:
admin

ハードウエア内を統合したり分割することを仮想化といいます。昔に比べると高性能になったハードウエア。処理速度が上昇したのはいいのですが、実は大半がリソースを使用できない状態なのです。使用できない状態のリソースを活用すること、これが仮想化なのです。

なんとなくイメージできるけれど、仮想化するには何をどうしたらいいのかそこまでは把握できていないという話もまだまだ聞こえてきます。そんなときこそ「IT価値創造塾(http://vmware-juku.jp/)」の出番ではないでしょうか。

そもそも仮想化というのは一体なんなのか、改めてこの機会に知っておくといいかもしれません。「仮想化とは?」を読み進めていくと理解できるはずです。そして「仮想化活用ナビ」をご覧頂くと、サーバ仮想化の活用ナビと、ディスクトップ仮想化の活用ナビがあります。それぞれ該当するほうの活用方法をご確認ください。

その他「導入事例」では、IT価値創造塾の仮想化を導入した実在の企業を紹介しています。各企業名をクリックすると、仮想化導入後のお話を伺うことができます。それぞれ、どんな場面でどのようにメリットを感じられたか、特に似た業種の話は大変参考になることでしょう。導入を検討する際に是非お役立てください。

hr